会社設立費用を紹介

会社設立の費用について

会社設立に掛かる費用はどれくらい?

会社設立には、大きく分けて資本金、法定費用が必要となります。前者は経営の基となる資金であり、設立直後はこの資金を運転資金に充てます。後者は設立の登記をする際に必要となるもので、公証役場で定款の認証をする際の認証手数料が5万円、印紙代が4万円、法務局で登記申請をする際の登録免許税が資本金の1000分の7の金額(最低15万円)が必要となります。つまり、会社設立には、資本金に加えて約24万円の法定費用が必要になります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 新入社員の服装で注意すること All rights reserved