新入社員の服装で注意

新入社員の服装で注意すること

新入社員のファッションで注意

新入社員として、まずオフィスで気を付けなければならないことは「マナーは社会一般に対する礼儀であり、ファッションはマナーを順守したうえで自分のために楽しむもの」であることを認識しておくことです。特に管理職の方はそういった面に厳しい傾向があるので、特にオフィスの雰囲気をよく観察したうえで、気を付けるべきでしょう。例えば靴下一つをとっても、くるぶし丈のものは流行にはフィットしているものかもしれませんが、ビジネス上のマナーとしてはこの上なくNGなものです。新入社員らしい、フレッシュさを保ちながら、マナーをしっかりとおさえてファッションを楽しむのならば、先輩等をよく観察して、時には相談してもいいかもしれません。

オフィスのファッションについて

オフィスと言えば厳格な仕事場というイメージがありますが、それは一昔前のイメージです。IT系企業や外資系の企業を筆頭に、今ではカジュアルなファッションでの勤務を認める会社が増えてきました。スーツは社会人のある種の制服ですが、見た目が全員同じになりやすく没個性的です。またスーツは機動力に欠ける衣類でもあり、軽快なフットワークを妨げます。おしゃれで快適なファッションをした方が社員のモチベーションはアップしますし、オフィスの雰囲気が明るくなります。またカジュアルな身なりで仕事した方がクリエイティブなアイデアが浮かびやすくなる、クールビズスタイルにした方が快適に夏場過ごせて能率がむしろ格段にアップする等、見た目以外の実用性のメリットも得られます。

↑PAGE TOP

Copyright © 新入社員の服装で注意すること All rights reserved